<< 追悼行事も検証報道もなく… 中国高速鉄道 | main | 株主になるか? そのまま貯蓄するか? >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.08 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    プロ向けファンドでトラブル増加 生活セン

    0
      小泉浩樹】いわゆる「プロ向け」のファンドに、投資経験の乏しい高齢者が出資してトラブルになるケースが急増している. 国民生活センターは「取引内容がよく理解できないと感じたら、契約しないで」と注意を呼びかけている. 証券会社や銀行など適格機関投資家を対象とするファンドが扱う商品は、ベンチャー企業への出資や商品先物取引、外国為替証拠金取引(FX)などハイリスクなものが多い. プロが出資することが想定されているため、業者は金融庁に届け出れば営業できる. f50アディゼロ サムライ&ドラゴンズ』の最新映像が公開― センターによると、販売先に適格機関投資家が含まれていれば一般投資家にも販売できるため、高齢者が「必ずもうかる」「元本保証」などと虚偽の説明で勧誘されるケースが増えているという. こうしたプロ向けのファンドとして届け出た業者に勧誘されトラブルになったという全国の消費生活センターへの相談は、2009年度の154件から、12年度には1518件と約10倍に急増. 契約当事者の9割弱が60歳以上だという. 豆しば』公式サイト更新 ゲーム内容やCM

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.08 Tuesday
        • -
        • 03:24
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM